ブログ

ブログ一覧

新たな一年

支援の羅針盤

 

 昨年のオープン以来、あおばは何かと忙しい日々を過ごして来ました。正確には9ヶ月間、あおばでたくさんの方と出会い、そして出会った利用者さんから、改めてひとりの人生というものを考えさせられた一年でもありました。こうしたなかで、私自身がたえず向き合ってきたのが支援という言葉です。就労継続支援といっても、一つとして同じ人生がないように同じ支援というものはありませんが、支援をさせていただくなかで感じたことや意識してきたことは、利用者さんごとに抱えている問題が、生きづらさと向き合うということは同じであっても、生きづらさの質が多様に異なるなかで、正解を簡単に求めてはいけないことを、常に意識しながら支援してきました。これは、今の局面では求められる支援かもしれないとしても、この状況では、異なる支援が必要になるということであり、そのあたりを念頭に置きつつ支援方針を整理し、一緒に考えながら歩んでいくなかで、何かのヒントがみえてくる。そしてそれをヒントにして、次の問題の糸口を手繰り寄せるようにして解きほぐす。とはいってもまた一度、立ち止まってまた振り返り、みつめなおすというような支援の柔軟性が求められてきました。

 

 人はきっと誰もがみなそうですが、さまざまな困難さを冷静に受けとめて向き合うことは、決して容易なことではありません。時間を要する問題もあります。あせらずゆっくりとなのです。前向きに生きることは大切なことですが、心のどこかに余裕を持つために、人生という止まることのないエスカレーターの上で、時に後ろを振り返ることもみつめなおすなかで必要なことかもしれません。

 

 現代社会が情報化社会の進展とともに知識、情報として生きづらさや固有の困難さが理解される土壌が切り開かれ、多様な生き方を尊重していくという価値観が、地域社会やなんらかのコミュニティーにおいて、一つのライフスタイルとして肯定されて、社会において共有されつつある時代であるのだとするならば、ひとが受容されながらいきていくということの必要性について、その具体像として、一般的に社会ではどのように向き合い位置づけられているのか、ないし位置づけられるのかということを想定しみると、この社会はヒト、もの、情報、サービスなどが分業化し、高度に合理化の進んだ社会システムにおいて専門性や分業といった壁によって、本来であれば教育、介護など時間と手間をかけていかなければならないことが希薄になる素地が整えられているなか、隣人の顔が見えにくい向き合いにくい社会構造の進展によって、知識や情報は共通認識としてあるものの、肝心の価値観を共有する相手とどのような関係、向き合い方をすればよいのかというように、お互いの関係性を築く機会は、少なくなりつつある社会であるといえるでしょう。

 

 そうならば、たとえ尊重すべきことは知っていても、果たして隣人がどのようなひとか知らなければ、向き合うことの大切さを知っていても、どのように向き合えばよいのか分からないものであるし、何を尊重すればよいのかは分からないというような状況は、決して想像に難くはありません。しかし、こうした本末転倒な状態においても、ひとによってはヒトと関係なんか築かなくとも、便利になったこの時代をうまく生きられるというヒトもいるかもしれません。でもやはり、ひととひとの関係のあり方とは、「袖振り合うのも多少の縁」「向こう三軒両隣」などの言葉があるように、古き時代を振り返れば、決して現代のような関係性がすべてではありませんでした。

 

 平成という時代を振り返れば、バブルの余韻を残す平成の幕開けにまもない1995年、経団連は「新時代の日本的経営」という方針を掲げて、雇用構造の大きな変化を起こしました。そして2000年代以降、非正規雇用の割合は増え続けて、いまや40%にまでなりました。こうした影響によって格差社会が着々と進展し続けるなか、もはやいうまでもない常識であるといわんばかりに、一世を風靡した勝ち組や負け組みといった言葉も、いまや気にも留められません。けれど、人の心はいつの世も、うれしいことはうれしい。楽しいことは楽しい。つらいことはつらく、苦しく悲しいものでしょう。決して平等な社会ではないからゆえなのか、平等の必要性や公正さが求められる機会も増えてきているのかもしれません。

 

日本社会は2020年代に差し掛かり、少子高齢化が進展する一方、特別支援教育を取りまく環境は、どのようになっているのでしょうか。現在、特別なニーズにたいする研究の進展とともに、特別支援学校の数は増加の一途をたどっています。地域や人と人との関係性の希薄化したコミュニティーがが、もはや当たり前のようになるなかで、固有の生きづらさを抱えつつ生きている人が増えているなかで、皮肉なことに、ひととひととの関係性を構築することの困難さが叫ばれる時代、社会構造のさらなる進展をどのように受けとめるのか、今更ながら問われているのかもしれません。

 

 ただ生きづらさを抱えながら支援を必要としているひとは増えていても、教育や福祉という分野において、また支援というものに正解や終わりはありません。教え、受けとめ、寄り添い、見守るなかで、そして私たちは気づかされていく。私たちはこれまで、生きづらさを抱える人たちが、その生きづらさをひとりで抱え込まずに生きていけるように、ともに考えて、とことん受けとめて、寄り添っていくという方針の下で支援し実践してまいりました。私たちにみえなかった何かを気づかされ、みえかかった糸口を手繰り寄せ、支援の羅針盤として生かしてきました。平成という時代が終わりを告げつつ、生きづらさや混沌さがみえにくい社会と時世のなかで、次なる時代がどのような価値観を採用しようとも、私たちは、これまでと変わらない姿勢で支援し続け、生きづらさを抱えている利用者さんの居場所となり、ともに困難な時代をたしかに歩んでいきたいと考えています。

 

長くなりましたが、本年も宜しくお願いいたします。

2019年01月23日

みえないものをみる

 無作為という作為

 

 福祉分野では、おそらくは知らぬものがいない著名な「自己実現、エンパワーメント」という概念。この概念は、1970年代に日本の教育学界に登場し、やがて福祉界にも浸透していきました。この言葉の由来は、ブラジルの教育家である パウロ・フレイレの実践から生まれたもので、筆者の恩師でもある教育学者の楠原彰らによって輸入・翻訳され、今から40年前に日本の教育学界に紹介されました。その彼の言葉の中で、印象に残っているものとして「孤絶」という概念があり、「知った以上は関わってゆく」という人生哲学のような言葉がありますす。そんな言葉に関連して、今回はみえないものをみるという「問い」を立て、ある詩人の言葉を紹介いたします。

 

「だが、どこかで一縷の臨みをかけ、真夏の蒸し暑い夜もまた、どんよりとした真冬の空の下で、ぽつんと、きっと誰も気づくことはない。いつものことは、いつのまにか雑踏の中で、何度叫んでも、何事もなかったように掻き消されてゆく。また、ひとつ諦念が増幅する。すれ違う大人たちの笑い声が聞こえる。何事もなかったように日常が過ぎてゆく。」

 

 いうなれば四面楚歌な状態といえばよいのでしょうか、いや違う。どうもしっくり来ない。結果的には、そうみえますが、これは適切な表現ではなさそうです。なぜなら、四面を見渡しても、誰も楚歌を歌っているようには、表面上はみえないからです。しかし、みえないけれど、なんとなく四面で楚歌に囲まれているような気がしてなりません。そのあたりにクローズアップすると、きっと「何事もなかったように」というのが、この詩のポイントでしょうか。聴こえている声が「いつも掻き消されていった」そんな感じでしょう。誰も気づいていないのではなく、気づいた上で、気づかないことを装う。いいかえれば、それは“無関心の暴力”あるいは“大人の事情”によって、何事もなかったように過ぎてゆかされる日々といえます。偶然や自然の流れにみせかけられた、無作為という作為、おそらくそんな感じで間違いないといえるでしょう。こうしたケースを想定すると、四面楚歌な状態であるというより「いじめ問題」の研究の第一人者で、社会学者の森田洋司氏の提唱した概念「いじめの四層構造」の外側の聴衆の位置にいるような人たちに囲まれている状態のようであるという解釈がしっくり来ます。

 

「いじめの存在」に気づいても、気づかないフリをする傍観者たち、心ない無関心たち、これが孤絶、isolationを生み出す構造の本質といえるでしょう。こうした状況を強いられている人は、いたるところで苦痛を感じ、疎外を強いられ、周囲の無関心のよる、組織的な力によって魂の叫びは、掻き消されてしまう。かかる状況は、個人の人権、尊厳を著しく傷つける行為であり、到底許されることではありませんが、こうした周囲に囲まれてしまえば、事態が発覚するのは至難のこと、日大のアメフト事件のように、内部の既得権の壁に阻まれてしまいみえにくいという構造的な体質が想定されます。ということは詩人のケースは、個人の選択性の及ぶ「孤独」ではなく、教育学者である楠原氏の言葉である排除された状態への悲観、「孤絶」という表現がしっくりくる気がします。ただもっといえば、これは仕組まれた「孤絶」であり、社会においては、そんなことがいつまでも、許されるわけはありません。

 

 日本語には、誠実に生きた先人の知恵として、「因果応報」という言葉があります。例えば既得権の保護を優先するために、無作為にみせかけた作為のある傍観者、無関心たちには、それ相応の結果が訪れることでしょう。声をあげ続ければ、必ずいつか届くものです。抑圧下にあるからといって決して諦めてはいけません。ドリカムの歌にありました「何度でも」という歌、そんな心境が大事です。支援者たちは、みえにくくされているもの、みえないもの、みえない問題の芽にいち早く気づくかどうか、それが問われています。背後に隠れたSOS、その本質を的確に、しかも迅速に捉えられるか、そして行動できるかどうか。支援者において、それは必要要件ではなく絶対要件としなければならないことです。次回は、多様性について考えます。

2018年06月17日

共生

共生とはなにか  

 

 日本社会では、「暗黙の了解」という言葉や、「あ・うんの呼吸」、「以心伝心」という言葉があります。こうした言葉は、御周知のとおり、あえて言葉を使用しなくても、相手との意思相通が果たせるという意味ですが、欧米社会においては、YES、NOなどの意思表示をはっきりと示さないと、その人の意思が存在しないこととして、取り扱われるようです。ゆえに「そこをなんとか」という言葉は、存在しないのは当然といえるでしょう。しかしながら、日本社会のコミュニティーでは、その場の状況に応じて、「気を利かせる」ということが求められるようです。「空気を読む」といった日常のさまざまな場面で使われる言葉をみても明らかでしょう。なるほど、そうした論理のもとで「共生」していくには、「あ・うんの呼吸」で、相手の状況を把握することが必要なのかもしれません。

 

ということは、「気が利く」ということは、十分条件ではなく、必要条件として評価を受けることが想定され、「機転が利く」といったような態度を示すことが、まず前提としてあるうえで、「一般常識」という言葉に言い換えられ、いつしか「暗黙の了解」として捉えられて、評価されていくのでしょう。  となると、次に起こりうる事は、例えば仕事の場ならば、「ビジネスですから」という大義名分があるので、「気が利かない」という言葉によって、ただ自分の意思が伝わらないことを、逸失利益であるというように考えて、(例えば、自身の説明が、手を抜いたために分かりにくい、あるいは相手にわかるように伝わらなかったというようなことは考えもせずに、棚に上げて、、、)相手を責める。そうした中で、やれ社会通念上とか、一般常識のない相手であるからとして認識して、「相手のせいにする」ことを、正当化する態度を、当然視してしまうということが、起きうる事態といえるでしょう。そして「共生」に適していないという伝家の宝刀、正義の切り札が持ち出される。こうした恣意的な論理よって正当化され、同質性を特徴とした多数派によって形成されていくなか、数の論理から、”やはり正しい”と確信し、もちろん実際には、錯覚しているだけかもしれないのに、多数派という存在によって、”正しいという安堵”がなされて、それを根拠として“確からしい正当性”が形成されていくのです。
 

 そもそも多数や常識といった価値観が、必ずしも絶対的な正しい価値を示しているわけではありません。それは時代によっても変わり、地域や文化、民族によっても変わる相対的なものであるわけですが、近代的な価値観である民主主義社会において、多数という正義による価値観は、学校教育の影響から「公民的資質」の要素として、つねに意識させられてきました。何らかが、多数の共生意識を阻害する要素として認識されると、”多数派”という根拠によって、それが確固たる地位として確立されて、その論理が飛躍し、マジョリティーの認識を逸脱した態度は、異質なものとして受け入れられた時、とりわけ日本社会では、共同体社会や世間といった和を大切にする文化の中で、ついには排除や差別の対象となってしまうのです。こうした態度には、それぞれの保身や利益も重なり合い、マジョリティー側に立つ“確からしい認識”から、やがて“確からしい正当性”にすり替わり、数の論理の安堵とともに刷り込まれます。
 

 こうした態度の特質を捉えると多様性の発見や、相対的な認識を前提とせずに、物事を客観的に他者的な立場で捉えるのではなくて、主観的に自身のフィルターを通して、”大多数による正当性”によって担保されることで、恣意的に物事を解釈しようとしていることに、疑いを持たない状態となってしまう特徴があります。では、こうした態度を生まないためにはどうすればよいのか。例えば、経験や知識といった自分のフィルターを通して物事を考える際、つねに他者的な視点を前提とすることは、いうまでもなく求められることでしょうか。しかし、人は誰もが完ぺきではありませんから、向き合う側の意識として必要なことは、困難に直面している当事者性について、自分のフィルターでは、理解することが困難な場合においても、多様な価値観を相対的に捉えて相手の立場を聴き、他者の価値観や置かれた立場を尊重することで、相手は何を求めて訴えかけているのかということを意識したり、当事者の困難さの代弁者として何が必要であるのかということを、考えてみる必要があるということなのでしょう。

 
 当事者性をもって寄り添うことは、何よりも必要なことであり、それは、教育、福祉、医療にかかわらず、政治や経済においても、一人一人の価値に気づき、尊重していく態度が求められるのはいうまでもなく、決して掛け声だけでなくて、求められていく必要があるのでしょう。そもそも多様性の受容とはいったい何でしょうか。他者の視点に立つということは、どういうことでしょうか。少なくとも、自分の価値観を一方的に押し付けて、相手の立場を思いやるということではなさそうです。なぜならその物差しが、一度測り間違えば、それはただの傲慢になってしまうからです。そして痛手を負った相手が、必ずしも、苦しい顔をしているとは限りません。だからこそ、当事者の声を聴き取ること、そして当事者性に寄り添うということが必要なのではないかということを、どのように学び取っていけるかということを含めて、今一度、「共生」という時代の前提として議論をしてもよさそうです。

 

 共生とはなにか、共生に適するとされる暗黙の了解を、相手に強制することが、共生の前提となっていないか。
福祉は多様な価値を受けとめるところから始まり、困難を抱える人の立場に立ち、寄り添い、その人らしい生活を実践していくものであり、教育は多様な価値が、さまざまな矛盾のなかで、しぶとくしなやかに生きていくための環境や力を授けるものである、とすれば、それは生きていくための力として、車の両輪のようなものでしょう。そして教育は、たえず変化し続ける社会と向き合い、学びなおし(アンラーン)をすること、それは、刻一刻と移り変わる社会で、生きていくために欠かせない知恵ということでしょう。共生という概念が、現代社会において一般化しつつあるなか、中学校での「道徳」、高等学校での「公共」そして、大学での「人権教育」において、今一度、多様性の進展した社会の在り方について、「共生」という観点から、「問い」として立ててみることが、必要なのかもしれません。そこで多様性について考える前に、「共生」という観点から一度、みえないものみるというテーマ、「問い」を立てて、その後、多様性について考えます。

2018年05月25日

ブログ始めました

 

最適解

 

 わたしたちは日常生活において様々な物事、刻々と変化する状況に対処する際、各々が得意な分野を活かすことで、不得意な分野を補い対処しています。その解決方法は十人十色、そして各々の個性に由来しますが、様々な物事を一人で、しかも同時に、パーフェクトにこなしていく事はなかなかできません。しかし一般社会において、こうした個性に由来する問題が起こると、当事者において生き難さとして内面化されることがあります。このような問題は、社会のプロトタイプである学校社会ではもとより、多様な個性の行き交う一般社会においてより鮮明に現れて、当事者の抱える困難、課題として顕在化してきます。

 

 こうしたなか、定型教育において起こる想定外の課題ついては、いつ誰もが直面する問題として取り上げられ、様々な場において、解決すべき教育方法をめぐって多様な議論が展開されていますが、それはある程度、解決の道筋として経験、知識、常識や暗黙の了解などによって、一般社会における常識ないし、多数の利益に適うゆえに、共通の認識内で処理されることで、自身に関わることとして議論が深まり、大多数の問題意識の共有がなされて、最大公約数的な状態、母集団の規模によって、マジョリティーの関心を引き寄せて解決に向かうものです。ただ一方で、想定外の課題が、多数の知識、経験、承認の範囲外にある場合において、多くの関心を引かないまま、議論は深まらず、適切な知識、認識は共有されないままで、結果として無関心、誤解、偏見のフィルターを通して、適切な共有がなされず、当事者性の欠いた”確からしい解答”だけが増幅されていく可能性があるとすれば、どうなるのでしょうか。それは当事者を取り巻く現実的なハードルによって、困難に直面している当事者は、非当事者による何らかのバイアスに由来する無関心、無理解等に起因する二次的な課題に図らずも直面させられてしまうことで、固有の困難さが、より増幅されて引き出されてしまうことが想定されます。

 

 こうした問題にたいして、教育学分野、とりわけ学校社会では、どのように向き合っているのでしょうか。例えば、中等教育では「道徳」が教科化されました。高等科では「公共」という科目が新設されています。。そして福祉学分野では「合理的配慮」に基づく人権意識に関する研究の進展、人権意識の高まりによって、マイノリティーへの関心は日々高まってきています。ただハードとしての価値観、概念的な枠組みとしてみると、なんとも脆弱であるという感覚が拭えません。というのも、例えば、インクルーシブ教育、ユニバーサルデザイン、ソーシャルインクルージョンという言葉がありますが、これもまた、先述のように、実質的にソフトの課題に置き換えてみれば、一般社会での様々な障壁、とりわけ非当事者におけるバイアス等が内在していく性質の問題として、母集団の規模から、非当事者性における恣意性に基く見解、価値観が形成されやすい土壌があるという前提と、そのマジョリティーを代弁する機会や場が無数にある以上、各々において、きわめて恣意性の高い意識として内面化されることで普遍化され、やがて概念的に共有化されていくものとなりますが、そのベクトルが大きいものであるとすれば、”確からしい解答”が常識となる可能性を秘める、極めて大きな問題といえるでしょう。

 そこを乗り越えていく方法は、常に他者的な視点に立ち、正しい知識によって理解していく経験を積み重ね、その努力を継続していくことなのですが、先述のように、こうした多様な個性によって表れる個性豊かな事象に対して、他者的な理解、及び知識の欠如によって、理解の促進のための判断材料が乏しいなかで、各々の固有の経験にねざした先入観、一般常識といった物差しが先行し補完されてしまえば、情報化社会に進展とともに、不正確で断片的な情報による安易な認識は、容易に拡充される環境とも相まって、たとえそれが意図せざるか否かは別としても、やがて”漠然とした確からしい最適解”が形成されていくことは自明であり、こうなると、当事者的な視角は、適切に形成されずに、”最適解として疑わないバイアス”ばかりが一人歩きして、その母集団が大きいゆえに、実態を反映しない最適解が、相互作用によって増幅されて生み出されることになります。

 

 もっとも、ハードとしての掛け声の充実や進展が、結果として、それが大事であるということの意味において、おおいに意義があり重要であることにはいうまでもないことです。ただ普遍的に当事者性を含有する視覚まで共有されて、網羅されることは、決して担保されていません。ゆえに上記のスローガンの先行した枠組みの設定の持つ意味として、共通認識の特質が極めて恣意性を帯びた脆弱な環境において、フライング的に理念的なハードを持ち込む事で、非当事者的な視覚の欠如ないし脆弱性によって理想的な形で機能しないまま、暫定的で演繹的に最適解が示されることで、困難な問題は形を変えて増幅され、新たな問題を引き起す芽になるのではないか、ということが懸念されるのです。

 

 以上のような視角に立てば、正確性の欠けた多数的な共通認識と、様々なバイアス等のフィルターを通過するなかで、教育学や福祉学などの分野において向き合うべき喫緊の課題として浮上するのは、非当事者において、具体的かつ現実的にどのように、他者的視点の重要性に気づき、隣人の困難に向き合い、そして他者を巻き込み、他者的視点で共生に向かうために、そうした土壌を普遍化し、醸成していけるのかという事になるでしょう。次回は、共生について考えます。








2018年02月28日